« '23 埼玉ばら会からのお知らせ  2月 | トップページ | 2023 春のばら展の報告 »

2023年6月 2日 (金)

2023 6月  埼玉ばら会からの報告


皆様、春のばら展も終りほっとされている頃でしょうが、今こそ春バラの反省をし、秋に向けて樹勢を取り戻す努力が必要です。
花柄摘み後、上部を折り曲げ、樹高を低くし、肥料を効かせるとベーサルシュートの出芽を促します。
また細枝などを取り除いてしまうのではなく、低いところをペンチで潰す方が光合成のためには良いでしょう。

5月13,14日、大崎公園花卉集荷施設に於いてバラ展を開催することができました。
① 今年は連休辺りに咲き始め、瞬く間に花が終ってしまうのではないかと心配されましたが、予想外に沢山のバラが集まり、どの部門も熾烈な戦いが繰り広げられました。
② 今回も公園側がポスター貼って下さり、朝日マリオンにも「バラ展へのお誘い」を掲載して戴き、幟旗5本を前日から各所に立てたところ、コロナからの解放感もあってか、200人以上の来訪者がありました。ただ片付け開始時刻が早過ぎるという一般者からの声もありました。
③ 2日目には朝日新聞の方がわざわざお見えになりました。折しも緑区のオープンガーデン日と重なり、見てきた人は「よ~し、バラでも植えよう」という気になるのか即売品もスムーズに出ていったようです。
④ 今回も準備と片付けをシルバー人材センターに依頼しました。前回より机数が多かったのか、オジイサマ方には重たすぎたのか、1時間の作業では消化されていませんでした。
⑤ 私共が剪定を行っている公園内のバラ苑をご覧になりましたか。これまでで一番美しく咲誇っていたといっても過言でないほど素晴しく、来訪者からもその声が聞かれ、とても嬉しくなりました。これからもばら展とセットで観ていただけると良いですね。

« '23 埼玉ばら会からのお知らせ  2月 | トップページ | 2023 春のばら展の報告 »

コメント

埼玉ばら会に入会したいのですが、可能でしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« '23 埼玉ばら会からのお知らせ  2月 | トップページ | 2023 春のばら展の報告 »